師範紹介

山本健策 経歴

山本健策

1991年第8回全日本ウエイト制空手道選手権大会軽量級で優勝。

その後、3連覇を含む同大会6度の優勝という金字塔を打ち立て「カミソリキック」と呼ばれ、切れ味鋭い上段回し蹴り・前蹴り・後ろ蹴り・上段後ろ回し蹴り・膝蹴り等、多彩な蹴り技の数々を武器とした組手でKOの山を築いたことから「KOアーティスト」と称された。

山本健策 戦績

山本健策

1990年 第7回 全日本ウェイト制空手道選手権大会
軽量級準優勝
1991年 第8回 全日本ウェイト制空手道選手権大会
軽量級優勝
1991年 第5回 全世界空手道選手権大会出場
1992年 第9回 全日本ウェイト制空手道選手権大会
軽量級優勝
1993年 第10回 全日本ウェイト制空手道選手権大会
軽量級優勝
1995年 第12回 全日本ウェイト制空手道選手権大会
軽量級優勝
1996年 第6回 全世界空手道選手権大会出場
2001年 第18回 全日本ウェイト制空手道選手権大会
軽量級優勝
2003年 第20回 全日本ウェイト制空手道選手権大会
軽量級準優勝
2004年 第21回 全日本ウェイト制空手道選手権大会
軽量級優勝
2005年 第3回 カラテワールドカップ出場